個人年金保険の変額って?の詳細について

This page:TOPへ戻る > 個人年金保険の変額って?

個人年金保険の変額って?

老後の準備のために、加入する人が多い個人年金保険。個人年金保険には定額と変動があります。定額については、「個人年金保険の定額って?」 を見てもらうとして。変額ってどんな感じなのでしょうね?

変額個人年金保険は、保険会社に支払った保険料の運用実績により、将来支払われる年金額が変わってしまう保険です。

イロイロな保険会社が個人年金保険の商品を出していますので、商品によって、複数の運用の仕方を選ぶことができるのです。
例えば、
・国内株式型
・外国株式型
・国内債券型などなど。

まず、個人年金保険に加入する時は、
・運用タイプを決める
・保険料の支払い方法を決める(一時払いや月・年払いがある)
・年金の受け取り方法を決める(有期年金、終身年金、夫婦年金などある)

などなど、イロイロな組み合わせで変わってきますので仕組みについて、しっかりと分かっていないといけませんね。

また、知っておかなければいけないのが、諸経費がかかると言う事ですね。
契約時に数%の経費がかかったり、運用関係に費用がかかったり。

そう言った事も踏まえて、個人年金は定額が良いのか?変動が良いのか?どちらが自分に向いているのか?良く理解して考えてくださいね。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001