個人年金保険の仕組みの詳細について

This page:TOPへ戻る > 個人年金保険の仕組み

個人年金保険の仕組み

個人年金保険は、老後の生活の為の準備に、個人が自分の意思で保険会社の商品である 「個人年金保険」 に積み立てしていくものです。
公的年金(国民年金、共済年金、厚生年金)が、国の運営で行われているものであるのに対して、個人年金は保険会社など民間の会社が運営しているものです。

少子高齢化が進んでいる日本ですが、問題点として良く挙げられているのが ‘年金問題’。
今、働き盛りの20歳代、30歳代、40歳代の人が、将来何歳に、どれだけの公的年金を受け取れるか・・・。それは本当に謎です。今でもだんだん受け取れる年齢が上がって、年金の額は年々減って行っていますもんね。

「本当にもらえるのかしら・・・このまま受け取る年齢が上がったら・・・私死んでるんじゃない?」
これは、皆が感じる事だと思います。
そんな時に、‘個人年金保険’ があると、老後の生活に役立つのです。


個人年金保険の仕組みについて簡単にお話ししますね。
個人年金保険は、運用して、年金を受け取るしくみになっています。毎月保険会社に保険料を支払います。運用するのは保険会社です。その運用したお金が、60歳になると年金として受け取れるのです。また、もし被保険者が亡くなってしまった場合は指定している受取人が死亡給付金を受け取る事が出来るのです。

個人年金の事を調べている時に、うちの母親も入っていたなあ。と思い出したので、聞いてみました。
母は専業主婦でしたので、父が月1万円ずつ積み立てしてくれていたそうです。60歳を過ぎてから年間50万円もらえるようになたので、「嬉しかった。かけてて良かったよ」と言っていました。

ホント考えてみたら、お金を貯めれるのも運用できるのも、今働いているからなんですよね。将来の為に賢い選択をしなくちゃいけないなとつくづく思いました。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001